中学受験の準備は早い方がいいです。
受験校が決まっていて、将来への目的がある人は小学3年生ぐらいから受験勉強をしています。
受験勉強には、塾や家庭教師があります。
最近では大手受験専門企業がネットでの取組みを始めました。
いずれにせよ、どこの大学、高校を目指すのか。
それによって受験校が決まってきます。
決るとどのような問題でレベルはどうなのかといったことまでつ追求します。
準備としてまずは中学受験専門の塾や家庭教師のどちらかがいいかもしれません。
特に塾は勉強の方法などを教えてくれますし、合格実績もわかります。
家庭教師もいいですが個人が多いですので、よほどの信頼性がないと難しいかもしれません。
金額的にはどちらも同じくらいです。
中学受験になると、ある程度の能力がないと難しいので、まずは苦手科目を早いうちから徹底的に取り組んで克服すべきです。
国語や算数は、すぐに身につきませんので、早目の対策が必要です。
読解力はすべての科目の基礎になりますので、新聞を読んだり本を読んだりといった文章に慣れておくことが必要です。
中学受験には、コツがありますので熟などで学ぶこともいいでしょう。
まずは本人のやる気です。
親が一生懸命になっても本人のやる気ないとだめですので、やる気をもたらす環境づくりも大切です。